ハーバリウムWS最終日

昨日は産前最後のワークショップでした☺︎


偶然にもみんな上が女の子で下が男の子!のママが4組で参加下さいました♡
過去最多人数でワイワイと賑やかに✨
男の子の時と一緒なのは、お花を決めるのが早い事!

でも女の子たち制作は慎重。
じっくり瓶詰めしてました☺︎
「ママ、これでどお?」
「かわいい?」
ママと一緒に作るの嬉しそうでした☺︎
ボトルにオイルを注ぐとお花の発色がまた良くなります。
「わ〜キレイ!」と目を輝かせる子供達に、ほこっり。


みんなピンクが入ったところはさすが女子♡
カラフルで春らしいボトルが完成しました。
ママは逆に落ち着いた大人の色合わせ♡
娘ちゃんの作品と重ねて二つで一つの作品にもなるところが、スタッキングボトルの魅力かも。


ワークショップ後に
「普段どうしても下の子のお世話で、お姉ちゃんとの時間がとりづらいから、親子で一緒に作品作りができる時間が貴重ですごい充実してました!」
というご感想を頂きました。


わたしがワークショップや体験教室を開催する目的として
子供達に「出来たという達成感、物作りの楽しさを」
ママには「子育て中のリフレッシュ、物作りを通しての親子の関わりを深いものに」

ざっとになっちゃいますけど、そうおもって親子参加型やママ向け教室を開いているので、頂いた感想がとってもとっても嬉しかったです!


粘土遊びや水彩画など物作り、家でものびのびとやらせてあげたいですよね。
でも育児と家事、それに仕事をしながら準備して付き添い後片付けをしなきゃならないので、なかなかやらせてあげられない、わたしも一緒です。

なるべくやらせてあげたいけど、毎回リクエストにお答えできずに、「幼稚園の早く終わった日にね」と約束してやってもらっています。


わたしに絵を描くことの楽しさや物作りに目覚めた発端は、「お絵描き教室」にわたしの両親が通わせてくれたことにあります。
母も「やってみたい」に応えてくれるタイプでした。

定期的な教室は、子育てが落ち着いてからでもできるので、今は自分の子供にも時間をかけて…
その間に不定期にでも教室をやっていけたらな、とおもっています。



まずは元気な赤ちゃん産む事ですね!
今日で35週目!
ぼちぼち産休が目の前になってきました。

Ashley since2014

季節に寄り添うアクセサリーと植物のイラストなど、 日々の手仕事を綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000